梓川映画学校 レポートvol.1


小学校で地域映画づくりがスタート!

今年度の活動の1つ、松本市梓川小学校の5年生のクラスとの地域映画づくり「梓川映画学校」が始まりました。

初回は8mmについての講義とオリエンテーション、その後「まつもと日和」を鑑賞し、対話の時間をつくりました。

映写機やビュワー、フィルムやカメラを覗き込んだり触ったり、興味津々で楽しそうな様子。子どもたちのワクワク感が伝わってきました。

上映では、松本城の児童遊園地をみてびっくり。「どうしてなくなっちゃったのー!?」「車の形も違うし建物の形も違う!」「いいなぁスケートやったことないよ」とかつての暮らしや町並みに思いを馳せ、鑑賞を楽しみました。

対話の時間では、監督に印象に残ったシーンや感じたことを話します。

「運動会が面白かった。見たことない種目がいっぱいだった」「アニメーションがすごいと思った」と各々が自分の言葉で感想をシェアしました。

次回までの宿題は、リサーチ。

  梓川地域でかつて撮られた8mmフィルムを探してくる。

  昔の話を聞いてくる。

です。さて、どんな掘り出し物が発掘されることでしょう。

楽しみですね!

映画の完成は12月の予定です。

新聞掲載

梓川小学校での取り組みの様子は、本日(4月27日)の信濃毎日新聞にも掲載されました。

信濃毎日新聞
梓川小5年生「地域映画」制作 12月完成目指す

https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2023042600890